母子家庭に学資保険をおすすめする3つの理由とは?

子供の教育費を貯蓄するために学資保険は有用な手段ですが、そのことは母子家庭であっても変わりません。母子家庭の場合には収入が限られているため、ついつい教育費の準備が後回しにされる傾向にありますが、いざというときに足りなくなることがないように常日頃から計画的に貯めておく必要があります。

以下では、母子家庭に学資保険がおすすめである理由を紹介します。

保険料以上に保険金を受け取れる

学資保険をおすすめする一つ目の理由は、支払った保険料よりも多くの保険金を受け取れるということです。そう聞くとわざわざ保険に加入せずに自分で投資をして増やしたほうが懸命であると考える方もいるかもしれません。

自己運用よりもおすすめなわけ

投資はリスクを伴うため場合によっては元本を大幅に毀損してしまう可能性があります。一方、学資保険の場合にはそのような事態は起こり得ず最初に契約した際の利回りが保証されるため、元本以上の保険金を受け取ることが可能です。

したかって、確実に資金を貯めたいというのであれば、自己で運用するより学資保険を利用した方が良いでしょう。

払戻率に気を付けること

ただし、学資保険の中には、後述する保険機能を充実させる代わりに、返戻率を低めに設定しているものがあります。商品によっては払戻率が100パーセントを下回るものもあるため、貯蓄機能を重視するのであれば、そのような保険は避けたほうがベターです。


生命保険の代わりになる

学資保険をおすすめする二つ目の理由は、一般的に学資保険には生命保険機能が備わっているため、万が一の場合に保険金が受け取れるということです。例えば、保険料の支払い期間中に母親が事故で死亡してしまったような場合には、それ以降の保険料の支払いは全て免除になる上に、満期時には当初の契約通りの保険金が支払われます。

働き手が一人しかいない母子家庭においては、両親がいる家庭以上に万が一の事態への備えをしておく必要性が高いはずですので、それを可能にする学資保険は非常に頼りになる存在であると言えます。『関連情報|学資保険代わり

節税効果が期待できる

おすすめの理由の三つ目は、学資保険の保険料は生命保険料控除の対象になるということです。それにより税金の金額を抑えられるため、少しでも収入を増やしたい母子家庭にとっては非常に有用でしょう。

学資保険を利用しよう

以上で見たように、学資保険には、子供の学費の準備、万が一の事態への備え、さらには生命保険料控除による節税効果といった様々なメリットがあります。これらは、いずれも母子家庭が有効活用できるものばかりです。そのため、子供の将来のことを考えるのであれば、学資保険を使って計画的に資金作りをするのが良いでしょう。